Excelより簡単?Wordの表で挿入・削除

はじめに

「計算式がない表をつくる時も、ついExcelで…。」

表の挿入や削除の操作、ExcelよりもWordの方が、とても簡単にできます!

表の作成方法については、こちらの投稿をごらんください。

挿入する

Wordの表に行を挿入します。

Wordの表

① 挿入したい位置にマウスポインタを合わせます。

  ⊕マークが表示されます。

マウスポインタを合わせる

② ⊕マークをクリックします。

行挿入された

同様に列挿入したい位置にマウスポインタを合わせて、 ⊕マークをクリックすると、列挿入ができます。視覚的でわかりやすいですね。

列挿入の⊕マーク

削除する

削除は、さらに簡単です。

① 削除したい行をクリックします。

2行目をクリック

② BS(バックスペース)キーを押します。

BSキーで削除される

※ちなみに BSキーの代わりに、Del(デリート)キーを押すと、文字だけが削除されます。行は残ります。

Delキーで文字だけ削除される

まとめ

いかがでしたか?

挿入は マークで、行にも列にも感覚的に追加できました。

削除は[BS]、文字の消去は[Del]と使い分けると、表の編集もラクになります。

表の「分割」と「結合」については、こちらの投稿をごらんください!

ご参考になれば幸いです!